FANDOM


  • Curly hair44


    11月30日(金)から12月2日(日)までの3日間、今年で第3回目となる東京コミックコンが幕張メッセで開催されました! 年々豪華になっていくスペシャルゲストは、トム・ヒドルストン、エズラ・ミラー、ジェレミー・レナー、ピーター・ウェラー、ピーター・ウェラー(オリバー・フェルプス、ジェームズ・フェルプス)に加え、ステージイベントのために大ヒット映画『バーフバリ』シリーズのラーナー・ダッグバーティも登場。盛りだくさんの内容のステージイベントと会場から、一部になりますが東京コミコンのムードを写真でご紹介!

    全文を読む >
  • Kuro0222

    ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ作品「ファンタスティック・ビーストシリーズ」シリーズでは沢山の動物が登場しますよね?そんなファンタスティックなビーストに関する情報がハリー・ポッター Wikiにてファン達により追加されています!

    この記事ではその一部を紹介しますが、動物の詳細に興味のある人は是非ハリー・ポッターWikiを読んでみてください!




    ニフラーは、突き出た鼻とふわふわした黒い体毛が特徴の生物である。ニフラーは輝くものに惹きつけられる性癖があるため、宝物を探すのにもってこいだが、室内で飼ったり放し飼いにすると大混乱を引き起こす恐れがある。ただ、一般的に無害である。

    ホグワーツ魔法魔術学校では、第3学年の選択科目である魔法生物飼育学の授業にて二フラーについて学ぶ。

    詳しくはハリー・ポッター Wikiの「ニフラーのページ」を参照




    オカミーは、最大体長15mほどの二つの飾り翼をもつ、二本脚の生物であり、蛇に似た魔法生物である。ネズミと鳥を主に餌にしているが、サルをさらうこともある。近づくものすべてのものに対して攻撃的である。卵は純銀で出来ており、密猟者たちにとって格好の獲物にされている。

    オカミーは、周りのスペースに合わせて自由に体を拡大縮小することができる。

    詳しくはハリー・ポッター Wikiの「オカミーのページ」を参照




    スウーピング・イーヴルは青と緑の翼を持つ魔法生物である。ヘビと巨大なチョウの中間のような外見をしている。空を飛ばない時はトゲがついた翼を丸め、緑色の繭のような状態になる。

    詳しくはハリー・ポッター Wikiの「スウーピング・イーヴルのページ」を参照




    ボウトラックルは昆虫を食べる手のひら大の生き物で、主に杖に使われる樹木に生息する。鋭くて長い指と茶色の目を持ち、見かけは樹 ……













    全文を読む >
  • Tomeito

    カテゴリはWikiを組織化するうえで極めて基本的かつシンプルなツールです。しかし同時に、カテゴリによって生じたいくつかの問題が、コミュニティのコンテンツを検索結果の上位に位置づける妨げになっています。

    今回は、従来と同じ見た目と利便性、パーソナライズ機能は維持しながら、SEO問題にも対処すべく先日リリースしたシンプルな新カテゴリ・デザインを皆様にご紹介します。


    カテゴリはMediaWikiの基本的な要素であり、ソフトウェアが始まってから現在に至るまで存在し続けている機能です。数年前、私たちはカテゴリ・エキシビジョンを含む新しい表示オプションを開発しました。これはカテゴリの内容をギャラリー風のビジュアルで表示する機能で、コミュニティごとにオンオフを設定できます。

    サイトの読者にとって、カテゴリの視覚的なブラウジングは非常に有益な機能です。また、本機能はカテゴリをリスト・モードで見るかフル=ギャラリー・モードで見るか個人で設定でき、さらに表示順もアルファベット順と閲覧回数順のいずれかを選べます。


    Googleは検索結果のランク付けをするためにページをスキャンしています。ランク付けの基準は常に進化しており、カテゴリページは以下に挙げる3つの側面で近年の基準に合致していません。

    1. ページ化:大きなカテゴリになると、各ページに200記事分のリンクもしくは画像が並んでいるだけで、それが第2、3、あるいは4ページ目へと延々と続いています。読者は「前の200件」もしくは「次の200件」をクリックして前後のページを移動しますが、構造が複雑で逐次的ではないため、Googleのクローラーを混乱させます。
    2. エキシビジョン・フィルター:エキシビジョン・モードでは、アルファベット順もしくは閲覧順の表示を選択した ……


    全文を読む >
  • Curly hair44



    オールドスクールな仮装もいいけれど、 ハロウィンのコスチュームだってやっぱり最新がいい!! 2018年にヒットした映画のキャラクターを参考にして、 パーティーの主役になろう!



    まもなく公開される、ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生のキャラクターなら注目度もフレッシュさも抜群! ニュートやティナのコスチュームは、難易度も低めで仮装しやすいかも!?トランクを忘れずに!



    家族みんなで着たら楽しそうな、インクレディブル・ファミリーのコスチューム。ヒーロー家族で、ハロウィンナイトの安全を守れ!


    みんな大好きデッドプールも今夏公開された第二作目は、なってみたいクセがすごい!? キャラ多め。主人公のデップーさんに、ケーブルも捨てがたいですよね。女性陣はヘアスタイルが勝負どころ!ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド、ドミノ、ユキオ。ツンツンショートヘア、紫メッシュ、カーリーヘアとどれもインパクトは抜群です。



    続いてもマーベルから、世界的に大ヒットを記録したw:c:ja.marvel:ブラックパンサー。ヴィヴラニウム製のスーツは言わずもがな、普段のティ・チャラとしての服装もカッコイイ!



    ハロウィン直後に公開する『ヴェノム』、話題性は十分ですがコスチュームとしてはレベル高すぎかもしれません(汗)。難関はあの口元ですね!



    ヒーローや魔法使いと、超人が続きましたが人間界からもノミネート。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のオーウェン・グレイディのワイルドな服装はいかがでしょうか?



    趣向を変えて、銀魂の和装にトライ!実写映画をヒントに仮装してみましょう!

    全文を読む >
  • Tomeito
    本ブログはシリーズ記事の1/2です。

    8月、私たちはWikiの現代化やモバイルの現代化といったプロジェクトの成功を背景に、新プロダクトの第一歩目のテストを行いました。本日、皆様にその詳細を発表したいと思います。

    長文になりますので、心の準備をお願いします!


    この1年と半年、私たちは皆様にWikiやモバイルの現代化について説明してまいりました。デザインのアップデートや広告の削減によって外見とパフォーマンスを改善するにとどまらず、現代化によってコミュニティを利用するユーザーを増やすこともできました。2014年から2018年にかけての編集および編集者数の推移は以下の通りです:


    編集者数はご覧の通り上下していますが、今までは全体的に下降傾向が見られ、特に広告を増やした2016年には活発な編集者を失ってしまいました。しかし主に2017年からページ・パフォーマンスの改善が始まると、編集者の数が再びはっきりと増加し始めました。

    私たちが今まで成し遂げられなかったのはユーザーの維持でした。編集をする人や読者が増えるのも大切なことですが、一度だけ来て離れてしまう人ばかりでは、健全なコミュニティをつくることはできません。

    そこで浮上した課題は、どうすれば編集数の増加を維持しつつ、編集者と読者に何度も訪問してもらえるような環境をつくれるか、ということでした。

    そこで私たちは上記の課題を念頭に、普段からコミュニティにいる編集者を今まで以上に惹きつけ、ユーザー維持に向けたコミュニティ主導の体験を構築するという明確な目標を立て、新しいプロジェクトを開始することにしたのです。


    私たちはこれまでにもユーザーを維持するため、チャットやメッセージウォール、記事へのコメント機能、ブログ、アチーブメントといった取り組みを行っ ……




    全文を読む >
  • Curly hair44

    [[ヘルプ:言語コード|]] [[ユーザーブログ:Curly_hair44/【TGS2018】東京ゲームショウ、今年注目のトピック|]] [[ユーザーブログ:WishingStar/Tokyo_Game_Show_2018_Recap|]] [[w:zh:用户博客:Ffaarr/2018年東京電玩展記要|]]

    夏の終わりのお楽しみ、東京ゲームショウに行ってきました! 例年のごとく会場はこれから発売されるゲームの試遊や、イベントで大盛り上がり。 残念ながら今年は遊びに行けなかった人のために、気になったトピックをあらためてお届けします。



    東京ゲームショウの開催中は、海浜幕張駅を降りた瞬間からイベントはもうスタート、 まずは駅前で10月に発売されるレッデデッドリデンプション2 のプロモーションにテンションアップ!


    会場前では『ボーダーブレイク』、『スティール・ラッツ』のロボットがお出迎え! いよいよ会場の中へ入ります。



    今年後半のSegaのエキサイティングなタイトルといえば、『JUDGE EYES:死神の遺言』。 デモはすでに数週間前に公開されていますね!『龍が如く』シリーズの最新タイトルとなる本作は、現代の東京を舞台に連続猟奇殺人の謎を追う、本格リーガルサスペンスアクション。舞台は神室町、木村拓哉演じる、元弁護士の探偵・八神隆之が主人公にこれまで『龍が如く』シリーズとはひと味異なるゲームとなるそう。路上の敵を攻撃的に倒すのではなく、尾行、追跡、尋問、聞き込み、などのスキルを駆使した調査アクションで、美しいグラフィックがストーリーをさらに盛り上げます。 ブースでは、大画面でゲームの新しい予告編を展示しました。


    『龍が如く』シリーズから話題がもうひとつ、昨年のTGSで発表された『龍が如 ……







    全文を読む >
  • Tomeito

    今年8月、これまでのwikia.comのドメインをfandom.comに移行することを発表しました。今回の移行に伴い、本社ではSEOへの影響をテストするための準備を大々的に行ってきました。そこで一度皆さまに本プロセスに関する情報および上記テスト方法、トラフィックの安定を保つ方法について説明し、皆さまのご質問にもお答えしたいと思います。

    基本的には、10月初頭、すなわち来週(正確な日付が決まり次第発表します)に約3,200のコミュニティを新しいドメイン構造に移行する予定となります。そのうちおよそ600 が英語コミュニティで、それ以外は11カ国語にわたる海外のコミュニティです。海外のコミュニティについても、グローバルでのHTTPS導入の一環として7月に発表した新しい言語パスをテストすることになります。

    今回のテストの主なポイントは以下の通りです:

    • なぜ3,200ものコミュニティを移行するのですか? 最も重要な目標は、皆様のサイトのトラフィックを保ちつつ、2019年以内に全ての移行を問題なく終えることです。短期的にはドメイン移行によってコミュニティへの訪問者数が減ることが予想される一方で、その間もGoogleやその他検索エンジンは状況に適応し続け、訪問者のトラフィックも正常化していきます。ただしこれを事前にテストし、正確な影響を測定する必要があります。現行および将来的なテストを通じて本社のSEOチームは迅速にあらゆる潜在的問題を解決し、トラフィックへの長期的な影響を回避していきます。
    • 移行テストはどのように実施されますか? テスト実施にあたり、移行対象のドメインに関連する250,000もの重要なキーワードを12カ国語にわたって準備しました。コミュニティの移行が完了次第、それらのキーワー ……
    全文を読む >
  • WishingStar



    [[ヘルプ:言語コード|]] [[ユーザーブログ:Curly_hair44/【TGS2018】東京ゲームショウ、今年注目のトピック|]] [[ユーザーブログ:WishingStar/Tokyo_Game_Show_2018_Recap|]] [[w:zh:用户博客:Ffaarr/2018年東京電玩展記要|]]

    Beyond the landfilled but scenic coasts of Tokyo Bay lies an ancient glorious structure: Makuhari Messe - built by mythic engineers of the Japan bubble era, in 1989 to be exact. Every year, adventurers (and businessmen) cross skies and oceans to pay homage at the biggest annual gathering of all things video games in Asia. The FANDOM Japan team embarked on our own journey last week. Battling through hordes of rush hour salarymen and Tokyo Disney Resort tourists on the way, we trekked the long treacherous road with vigor, to bring you authentic exclusive coverage of this and next year's ……



    全文を読む >
  • Plover-Y

    この記事は、w:Thread:1519950を翻訳したものです。


    全文を読む >
  • Laclale

    ※FANDOMストーリー案です

    はいどうもOSC日本支部からお届けします、ラクレールです。さて何度も反応が無かったという事はBFDI・・・さしてはオブジェクトショー(Object Show)を知らないんでしょうね。

    というわけで私なりにオブジェクトショーやBFDIを説明しようと思います。


    史上初のオブジェクトショー、BFDIはなんとFlashで作られています。この傾向はBFBに至るまで続けられており、現在はBFDIとBFDIAの.flaファイルを配布中!です。

    このBFDIにも前身となる作品があります。そしてそれも含めたBFDI史上初のキャラクター、それは・・・Firey!


    BFDIで使われた部品は全て.fla及び第三者コンバートによるPNGで配布されています。Flash系はベクターで手足と顔を作れるし、パワーポイント製オブジェクトショーがあるのはそういう所から来ています。

    それに対してBFBはオールハンドライト、FRENZ(Flashから始まったオフラインの映像イベント)で初公開予定のシリーズはAviutlのスクリプトと最近はバラエティが増えています。


    さっき『FRENZで初公開予定』と言及したシリーズに登場するキャラクターの集合写真・・・ごめんなさい、そのシリーズと集合写真、どっちも私が作りました。


    『オブジェクト・クロスロード』、これが私の作っているシリーズの名前です。どこかクロスオーバーで、でも実はそうじゃないという感じの学園もの+αです。Wikiロゴがこれなのは、技術面の解説もしていこうと思うからです。

    まだまだ未知な所が多くオブジェクトショー、気になったら動画を見よう!

    全文を読む >