FANDOM


  • Tomeito

    本日はFANDOMでのセキュリティ対策について、重大な最新情報を2つお伝えいたします。1つ目はGoogle Chrome上でユーザーが目にするメッセージについて、2つ目は近日中にFANDOMが展開する最新のHTTPSサポートに関する情報です。


    現在、多くのウェブブラウザはセキュリティ強化の必要性についてユーザーに呼びかけており、特にGoogle Chromeにおいてその動きが顕著にみられます。そのため、Chromeをお使いのユーザーは今後、FANDOMネットワーク上でフォームを記入、および編集する際にも、アドレスバーに「Not secure(安全な接続ではありません)」というメッセージが表示されます。

    これらツールのセキュリティ対策について、FANDOMでは今後のエンジニアリングサイクルにて強化していく計画を立てています。その間、上記のフォームを通じて個人のデータやプライベートな情報が送信されることは一切ありませんので、引き続きツールを安全にお使いいただくことができます。ただし相手が誰であれ、メールアドレス、パスワード、年齢や現在の場所など、個人情報をコミュニティ上に公開されないよう、引き続きご注意をお願いいたします。基本原則として、ハッカーに情報を盗まれたくない場合は特に、投稿を通じて一般公開しないことをFANDOMでは推奨しております。

    ではなぜ、このようなメッセージが表示されるのでしょう。答えは、これらのフォームがHTTPSプロトコルではなく、まだHTTPプロトコルを使用しているからです。この2つのプロトコルの違いは単純です: HTTPがプレーンテキストでデータ送信を行うのに対し、HTTPSは同じデータを暗号化します。つまり、ユーザーとウェブサイト間のデータ通信をハッカ ……


    全文を読む >
  • Tomeito

    すべての物事に変化はつきものです。時を超えて不朽の価値が残るものもあれば、一方では流行りすたりが激しいもの、あるいは必要に応じて機能性が進化するものもあります。コミュニティを作り上げる私たちにとって、読者に提供する魅力的なコンテンツのデザインも時に大きな課題となります。世界中のFANDOMのユーザーは、今ではモバイルをはじめとする「セカンドスクリーン」体験に移行しつつあります。スマートフォンあるいはタブレットであれ、読者は単にテレビやゲーム画面で見るコンテンツ以上のものを求めています。ファンは没入型の体験を欲しがっており、状況や背景、攻略ガイド、仮説、また一部はネタバレすら欲求しているのです。今やほとんどのコミュニティにおいてモバイルのユーザー層が顕著であること、それも時には合計ページビューの60%がモバイルであることは、もはや無視できない状況です。

    では、コミュニティの長期的な健全性のためにも、どうすれば最高のユーザー体験を実現できるのでしょうか? 答えは、モバイルユーザーを確実に引き込むために考えられた、良質なコンテンツデザイン用ガイドラインの策定と採用です。デスクトップでの体験が小さな画面には適さないことは一目瞭然です。今回の記事では、FANDOMで今でも散見される、必ずしも観客にとってベストな体験につながらない古い慣習をひとつずつ検証していき、改善策を提案していきます。


    Wikipediaや、初期のWikiによく見られる過去の遺産がNavboxです。一連の短縮URLをレイアウトテーブルに詰め込んだNavboxは、モバイルユーザーにとって決して使いやすいものではありません。最近まで、見た目の問題からWikipediaのモバイルフォームにおいても表示されていませんでした ……


    全文を読む >
  • Tomeito

    2017年初めより、私たちは「Wikiページ上の広告数を減らす」という目標に向けてサービス開発に取り組んできました。この作業は「Wikiの現代化」というプロジェクトの大部分を占めるものでした。サイトのデザインと品質を改善すれば、これまでのようにページを広告で埋め尽くさなくても、ユーザーと広告主に最新のウェブ体験を提供できるようになると考えたからです。

    このたび、私たちはこの重要な目標を達成し、10月2日月曜日付で、すべての地域を対象に、ページあたりの広告数を減らした新しい広告体験を導入しました。これにより、サイト上の総広告ユニット数の30%以上を削減することができました。FANDOMとユーザーの皆さんが共に長年望んできたことが実現に至り、スタッフ一同たいへん嬉しく思っています。


    この新しいレイアウトは、各地域(現在のところ英国以外)のすべてのWikiですべてのページに導入されています。さっそくチェックしてみてください!今回の導入で多くの皆さんに特に関心を持っていただける点は、右カラムの動作です。右カラムを広告でびっしり埋め尽くすのはやめ、ユーザーのスクロールに合わせて移動するようにしました。ほとんどのページでは、最初に「人気のFANDOM記事」モジュールが表示され、 スクロールを続けると途中で広告に切り替わり、その後再びモジュールに戻ります。さらに、「人気のFANDOM記事」モジュール自体も以前より縮小しました。非英語コミュニティには「人気のFANDOM記事」モジュールがありませんが、スクロールに合わせて動く広告が表示されます。

    また、ページ下部の広告数も減らしました。小型の広告をたくさん掲載する代わりに、ページ上部と同様に、ページ下部にも広告を1つだけ表示します。


    この新しい ……



    全文を読む >
  • Kuro0222
    このブログはFandomスタッフのKuro0222により投稿されました。

    夏は終わりましたが、暑い日が続きますね。
    食欲の秋が嬉しい、FANDOMスタッフのKuro0222です。

    今年も東京ゲームショウに行ってきました!

    色々ブログで情報をまとめています。興味がある方は↓の画像リンクから飛んで記事を是非読んでみてください。

    質問やコメントをする場合はページしたのコメント欄からお願いします!


    東京ゲームショウ(略称:TGS)とは、E3やGamescomと並ぶ世界三大ゲームショウのひとつであり、その名の通りに東京(正確には千葉だが)で行われるコンピューターエンタテイメントの日本最大規模の総合展示会でです。

    主催はコンピュータエンターテインメント協会(CESA)である。近年では従来の大手ゲームメーカーや情報誌だけでなく、インディーゲーム企業やVRゲームゲームなど国内外問わず広い幅のゲームメーカーが参加するまさに「世界のゲームの総合展示会」となっている。

    2017年の開催で21回目の開催となる。


    • PUBG50人大会に参加してきました!【TGS 2017】
    • 東京ゲームショウで優先的に回りたい場【TGS 2017】
    • TGSで発表された注目のゲームのまとめ!【TGS 2017】
    • TGSで知ったオススメのインディーゲーム集!【TGS 2017】
    • TGSに見るeSportsの未来【TGS 2017】
    • TGSで見たクオリティの高いコスプレまとめ【TGS 2017】
    全文を読む >
  • Tomeito

    最新のデジタル体験をご提供できるよう、FANDOMではWikiの現代化により、適切なコンテンツを適切なタイミングで表示し、サイト内のナビゲーションを簡素化し、さらにユーザーと広告主の双方により優れたサービスをお届けしています。その一環として、読者の皆さんに魅力的なコンテンツを見つけていただけるよう、Wiki、ディスカッション、FANDOMニュース&ストーリーからのコンテンツをまとめて紹介する新しいファン・フィードを本日より導入することになりました!


    英語版のコミュニティでは、すでにWikiの記事の下部にファン・フィードを掲載してきました。おすすめの記事をリストにしたファン・フィードは、読者の皆さんにサイト上のその他のコンテンツを見つけるのにお役立ていただいています。先日より、英語版のファン・フィードは外見が一新され、さらに面白いコンテンツが追加されています。


    導入以来、ファン・フィードでは、さまざまなFANDOM編集部からの記事をご紹介してきましたが、新しいファン・フィードには、さまざまなWikiのコンテンツをミックスさせて掲載していきます。英語版以外のファン・フィードには編集部からのコンテンツは含まれませんが(現在、英語版以外ではご提供していないため)、たくさんの興味深く、関連性の高いWikiのコンテンツが掲載されます。その仕組みは、高度なアルゴリズムにより、読者に興味を持ってもらえそうな記事、ディスカッション、その他のWikiがピックアップされるというものです。

    新しいファン・フィードには、以下のようなコンテンツが含まれます。

    • Wikiの記事: 英語版以外のファン・フィードの大部分は、閲覧中のWikiやその他の関連コミュニティからの記事となります。英語版のファン・フィードに ……


    全文を読む >
  • Kuro0222
    このブログはFandomスタッフのKuro0222により投稿されました。

    夏も終り、涼しくなりましたね。
    冬の新作ゲームラッシュが楽しみでならない、FANDOMスタッフのKuro0222です。

    いつもFANDOMをご利用頂きまして、誠にありがとうございます!

    さて、今回はWikiのアドミン(管理者)を行っている方々にWikiデザインとそのソースコードの紹介を行いたいと思います。

    できるだけ詳しく記載するつもりですが、不明な点や分からない点がある場合はコメント欄から質問を受け付けていますので、よろしくお願いします!


    ご紹介するのは「左サイドバー」です。日本のWikiで多く使用されている縦長のサイドバーを再現したものになります。


    やり方は何通りもあるのですが、今回はフォーオナーWikiで使われているソースコードをもとに紹介したいと思います。


    フォーオナーで使用されている左サイドバーを簡易化したものが、以下となります。 コピペして使用する際はソースエディターを使用してくださいね!ビジュアルエディターでは残念ながら使用できません。(ソースエディタに関するヘルプページはこちら)


    このコードを項目の中に入れ込むことでサブヘッダーを設定できます。(やっていることは太文字に設定し、フォントのサイズを上げているだけですが)

    • font-size:14px - フォントサイズを設定できます。

    今後もアドミン(管理者)の皆様にWikiがより楽しく、便利になる情報をお届けしていきます。

    自分のWikiのコードを紹介したい!もしくはこんなコードが知りたい!などのコメントがあればページ下のコメント欄に記載してください。

    また、質問等もコメント欄、もしくはサポートメールにて受け付けています。

    全文を読む >
  • Tomeito

    ディスカッションの利用がFANDOMで広がりを見せる中、メンバーによる投稿が活発なコミュニティの数が増えてきています。しかしながら、投稿内容を常に精査できる活発なアドミン(コミュニティ管理者)がすべてのコミュニティにいるわけではありません。そのため、新しいグローバルユーザーグループが来週より導入されることを発表する運びとなりました。最新グループのメンバーはFANDOM全体に渡り、アドミンがいない、もしくはアドミンはいるがディスカッションに関与しない、あるいはサポートを依頼したアドミンに代わり、緊急で仲介が必要なコミュニティにおいてディスカッションのモデレーター役をその都度担当します。


    グローバル・ディスカッション・モデレーターと名付けられた今回の新しいグループの初期メンバーを構成するのは、これまでディスカッションやそれぞれのWikiにてモデレーターとしての確実な経験と実績を持つボランティア達です。メンバーはいずれも、自身のコミュニティでディスカッション機能の活性化に貢献してきた方達ばかりです。

    今回の新しいグループメンバーがサポートを行う際には、最初に該当コミュニティのアドミンやモデレーターと連携を取り、そのコミュニティのニーズや課題について理解した上で対策を講じます。コミュニティにアドミンが直接いない場合、もしくはアドミンが関与を控える場合は該当Wikiのガイドラインやポリシーを考慮し、コミュニティおよびそのユーザー達に最適な対応方法を策定します。

    グローバル・ディスカッション・モデレーターによるサポートは、例えば継続的な荒らし行為の対処、ガイドラインやカテゴリの新規導入によるコミュニティの交通整理、投稿内容の質の向上、ユーザー間の関係性の改善、Wikiの仕組みに関する理解 ……


    全文を読む >
  • Tomeito

    これまでディスカッションはゆっくりながら確実に進化を遂げてきました。2017年には最新の通知システムを追加、また最新ページヘッダーの導入、 ディスカッション・インサイト を紹介した他、様々な改善を行っています。今月後半にはフッターのレイアウトが更新され、こちらにはディスカッションへのリンクが含まれる予定です。

    ディスカッションは現在、8割のFANDOMコミュニティにて利用されています。利用準備が完了しているコミュニティにおいては、フォーラムのスレッドをディスカッションに移行することが可能です。ボランティアされたコミュニティ、もしくはインアクティブ状態、あるいはフォーラムのスレッド数が少ないコミュニティの場合は、移行がすでに完了している可能性があります。


    ご興味がある場合は、アドミンの方より特別:お問い合わせまでご依頼ください。その際、ご自身のコミュニティ名の明記を忘れずにお願いいたします。

    コミュニティによっては、フォーラムの「ハイライト」機能の代替や、より汎用性の高いディスカッション専用エディタなど、機能がさらに開発・導入されるまで移行を待ちたい場合があることは承知しております。ハイライト機能の代替とエディタの開発はもちろん、その他機能も現在開発中のため、進捗があり次第ご報告いたします。 移行に関する詳細は以下の通りになります。また、今後の最新情報については随時ディスカッションFAQページに追加していきますのでご期待ください。

    移行に関する詳細:

    • フォーラムの掲示板はディスカッション・カテゴリに置き換えられ、掲示板の以前の投稿がすべてこれらカテゴリに移行されます
    • ディスカッションがすでにコミュニティに導入されている場合、フォーラム内のコンテンツは追加カテゴリとして移行されるため、 ……

    全文を読む >
  • Tomeito

    FANDOMではここ数ヶ月、さらに進化し続けるWikiの現代化や新しいFANDOMニュース&ストーリーの導入など、続々とエキサイティングな取り組みを紹介してきました。その中でも最新の機能として導入したのがページと記事のヘッダーですが、今回はそれに加えて、本日より新しいページヘッダーがディスカッションに登場することを発表いたします!

    Wikiの現代化の目標は、最新のデジタル体験を通じて魅力的なコンテンツを瞬時にお届けし、使いやすいナビゲーションと最高のユーザー体験を提供することです。今回のアップデートではディスカッションのビジュアル面に統一性をもたらすことにより、上記目標の実現に向けてさらに一歩前進します。今後はディスカッションとWikiの記事の間のナビゲーションが簡素化され、より円滑にコンテンツをお楽しみいただけます。

    最新デザインのスクリーンショットは以下の通りです:


    FANDOMにおける現代化された体験のカギとなるのが、ディスカッションとWikiのビジュアル性のさらなる統一感になります。そのため、今回の最新機能の導入を一同とてもうれしく思っております。ディスカッションのさらなる開発、ならびにWikiの現代化の継続的な発展も今後公開していきますので、どうぞご期待ください。

    今回の最新機能についてご質問などありましたら、コメント欄にてお知らせください!

    本ブログ記事は英語版のNew Page Header on Discussionsを翻訳したものです。
    全文を読む >
  • Tomeito

    私たちは3月にページおよび記事のヘッダーの新デザインをご紹介し、ナビゲーションや編集ボタンなどの操作要素を含むページヘッダー部分のテストを行いました。新旧それぞれのデザインがユーザーのトラフィックにどう影響するか、サイトの使い方にどのような変化があるかといった点もテストの対象になりました。今回のテスト以前、私たちは2011年以来ヘッダーを更新していませんでした。ヘッダーは時代遅れになり、今風の感覚に欠け、改良の余地が多く残されていました。

    そして本日、今回のテストの大きな成功と、6月12日の週に全Fandom wikiで新ヘッダーが正式リリースされることを皆様にお伝えしたいと思います!


    コミュニティからのフィードバックや、テストによって収集されたデータは非常にポジティブな内容でした。特に、コミュニティからの反応は充分なデータが得られた後もテスト用ヘッダーを残しておこうと思えるほどポジティブでした。最後の数週間には、テストに加わりたいと申し出るユーザーも数多くいらっしゃいました。

    30のWiki で行われたテストにより、従来のヘッダーと比較してセッションごとのページビュー(1回のサイト訪問でユーザーが読むページの平均数)の増加、バウンス率(ユーザーが最初の1ページだけ見てサイトから離脱してしまう確率)の減少、セッション時間(ユーザーがサイトにとどまる平均時間)の増加といった結果が得られました。読者の意見や実際の行動から、みなさんが新しく今風なデザインのヘッダーを支持してくださっていることがわかります。また、より上質なサイトが広告主に好まれることを考えれば、新デザインは広告のクオリティ向上や数の削減にも繋がるでしょう。サイトの見栄えがよくなれば訪問者の滞在時間も増え、広告主の皆様 ……


    全文を読む >

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。