Fandom

Wikia

ブログの記事を作成

Fandomスタッフブログ

ブログの記事

  • Tomeito
    本記事の著者、テッド・ギルはFandom powered by Wikiaのプロダクト&イノベーション最高責任者です。Fandomにおける今後の広告掲載について、彼に質問したいこと、伝えたいことはありませんか? このブログ(全3回の第3回目)をお読みになり、下のコメント欄からご意見、ご質問をお寄せください!

    このブログシリーズでは、広告にまつわる様々なことと、Fandom上の広告掲載をどのように改善すべきかについてお伝えしてきました。1回目の投稿では、シリーズへの手引きとして、Fandomサイト上における広告掲載の基本的な仕組みについてご紹介しました。2回目の投稿では、さらに踏み込んで、オンラインで最も一般的な広告形態であるプログラマティック広告の掲載を改善するためのこれまでのFandomの取り組みについてお伝えしました。今回は、サードパーティのアドエクスチェンジではなく、クライアントと直接連携する方式に基づいたダイレクト広告と、Fandom上の広告掲載をさらに改善してくための今年度の計画についてお話しします。


    前回までの投稿でお話ししたように、Fandomは現在、ページ上の広告形態をプログラマティック広告からダイレクト広告へとシフトしています。ダイレクト広告はクライアントと連携して良質な広告表示を目指す方式であることから、プログラマティック広告よりも常に品質が高くなります。プログラマティック広告はアドエクスチェンジから配信されるものですが、ダイレクト広告は通常、広告主との協力のもとにFandomのデザインチームによって作成されます。私達はFandomサイトの広告掲載をできる限り良くしたいと考えており、クライアントも、品質の高い広告ほどより多くのユーザーに見てもらいやすくな ……


    全文を読む >
  • Tomeito
    本記事の著者、アダム・ケリーはFandom powered by Wikiaの財務戦略担当副社長です。広告掲載に関するFandomのこれまでの取り組みについて、彼に質問したいこと、伝えたいことはありませんか?このブログ(全3回の第2回目)をお読みになり、下のコメント欄からご意見・ご質問をお寄せください!

    先日、Fandomにおける広告掲載の仕組みについてのブログシリーズ第1回を投稿しました。その主な内容は、Fandomサイト上の広告掲載にはまだまだ改善の余地があるというものでした。現状では広告数が多くなり過ぎており、ページが雑然とするばかりか、サイトのパフォーマンスにも影響を及ぼす可能性があります。この投稿では、広告の種類の1つで、ウェブ上で最も一般的な形式となっているプログラマティック広告についてもご紹介しました。

    今回の投稿では、プログラマティック広告を減らすFandomのこれまでの取り組みについてお話しします。そして、シリーズ最終回の投稿では、ダイレクト広告(広告主に直接販売される広告ユニット)の詳細や、Fandomサイト上の広告掲載を改善していくための今後の取り組みについて取り上げます。


    どの業界でもそうであるように、ウェブ広告にも良質なサービスと悪質なサービスがあります。アドエクスチェンジには、ユーザー・エクスペリエンスを重視した高い品質を保っているものもあります。そうしたアドエクスチェンジは、広告主とユーザーの双方にとって最も価値がある広告掲載を行うには、広告の掲載効果と品質を優先させつつ、ウェブユーザーに関するデータをもとに品質と関連性の高い広告を配信する必要があることを理解しているのです。その一方で、悪質な方法でユーザーデータを収集し、ユーザーがページを開いて ……


    全文を読む >
  • Tomeito
    Fandom powered by Wikia上の広告について疑問に思った点はありませんか?このブログ(全3回の第1回目)をお読みになり、下のコメント欄からご質問をお寄せください!

    広告。これには、誰もが様々な意見を持っていることでしょう。広告はインターネットの重要な部分であり、Fandomのような会社にとっては、サイト運営に必要な資金を得るための手段となっています。Fandomのブログでは、これまで広告について大きく取り上げたことがなかったため、今週はFandom上の広告について詳しくご紹介していきます。1回目と2回目の投稿では、Fandomに広告が表示される理由についてご説明します(Fandomは広告によって支えられる事業形態であり、広告を表示することで、ユーザーに利用料をお支払いいただくことなく、世界最大のエンターテイメント・サイトの運営と継続的な改善を実現しています)。また、サイトに表示される広告の種類についてもご紹介します。そして、シリーズ最終回では、Fandom上の広告のこれからと、ユーザーの視点に立った広告掲載の改善について取り上げます。


    では、さっそく本題に入りましょう。Fandom上の広告掲載には、まだまだ改善の余地があります。インターネット上の多くの営利サイトと同じく、Fandomの1ページごとの広告数は増え続けており、広告コンテンツとサイトのコンテンツのバランスがやや不均衡になっています。これでは、ログインしていないユーザーにわずらわしさを感じさせることもあるでしょう。こうした現状は、Fandomのユーザーの方々も、我々スタッフも認識していることで、このブログシリーズを投稿することになった理由の1つでもあります。このブログを通じて、Fandomスタッフ ……


    全文を読む >
  • Tomeito
    Fandom powered by Wikiaにおけるユーザー体験の進化について何かご質問はありますか? 本ブログをご参照の上、コメント欄にてご質問をお寄せください!

    進化の道を絶えず貫いてゆく企業、それがFandomです。その信念は設立以来、今日まで続いてきました。昨年では特にニュースとストーリーやディスカッション機能を新しく公開するだけでなく、サイトのリブランドを果たし、サービス指向アーキテクチャへの変貌を遂げ、コミュニティ・ページを導入したことは皆さんの記憶にも新しいと思います。もちろん、2017年も昨年同様、さまざまな新しい展開が目白押しです!

    さかのぼること2015年にもご説明したように、ウェブプラットフォームの存続において重要かつ必須な要素、それは賢く改革することです。Fandomでは次の3つの背景において、これは当初より大きな課題でした。まず、Fandomがもはや単純なwikiのホスティングではなく、今ではディスカッション、投稿、ファン同士のコラボレーションなど、充実したファン体験が可能なサイトに変革したこと。オンライン・ファンサイトの第一人者として常に新鮮味を保ち、新たなアイディアを実現していかければならないこと。そして、これらをすべて保証するために、確かな技術に支えられた強固なプラットフォームでなければならないことです。


    ここで上記の背景について、今一度振り返ってみたいと思います。

    • Fandomのアイデンティティの変化:10年前に企業が産声をあげたとき、私たちが果たしたい想いはたったひとつでした:大好きなトピックについてファンやコミュニティが集まることができる場所を作りたい。今でもそれはFandomの根幹にありますが、以来大きな進化を遂げたことは歴然です。最初 ……

    全文を読む >
  • Kuro0222
    このブログはFandomスタッフのKuro0222により投稿されました。
                           

    2017年は酉年です。
    鳥のキャラクターといえば、やはりロードランナーですね!ミンミン!

        

    新年あけましておめでとうございます!
    FandomスタッフのKuro0222です。

    いつもFandomをご利用頂きまして、誠にありがとうございます!

    ユーザーの皆様は年末をいかがお過ごしでしたでしょうか?
    私は画像のロードランナーのように忙しい年越し…という訳ではなく、まったりと過ごしました。

    新年を迎え、スタッフ一同は今年もFandomユーザーの皆様とのコミュンケーションやサポートを充実させていく所存ですので、よろしくお願いします!

    また、コミュニティ・ディベロップメント・チームは今年から新規体制となりました。 なので、新年の挨拶を含めチームメンバーの自己紹介をさせて頂きます。


    こんにちは!初めまして!FandomスタッフのKuro0222と申します! 
    私は基本的にはコミュニティ・セントラルのフォーラムやLiveチャットを巡回しています。
    ユーザーの皆様と話をするのが仕事の楽しみで、Fandomに関する話や編集に関する質問、雑談など何でも聞いて頂ければ喜びます!見かけたら是非、お声がけください!

    趣味はゲームとアニメで、特にゲームはニーアオートマタWikiなども作ったりしています。

    今年も宜しくお願い致します!

    はじめまして、FandomスタッフのCurly hair44です。
    2017年よりコミュニティ・デベロップメントにやって参りました、新入りです。
    勢いのある日本映画、ドラマの影で、元気を無くしがちな愛する海外映画やドラマのwikiをみなさんと一緒に盛り上げていけたらと思います ……













    全文を読む >
  • WishingStar

    皆さんにとって、今年はどのような1年でしたか?Fandom Powered by Wikiaの2016年は、期待と興奮に満ちたものでした。新年を迎えるまであと10日ばかりとなった今、今年Fandomで起きた主な出来事を振り返ってみましょう。

    • サービスのリブランディング。10月に実施したFandom powered by Wikiaとしてのリブランディングは、エンターテイメント・コミュニティサイトの運営会社である私たちにとって2016年で最も大きな出来事でした。リブランディングにより、プラットフォーム全体がファンを軸とする1つのメディアブランドとして集約されました。この変更は弊社とコミュニティのさらなる発展につながるでしょう。
    • Fandomニュース&ストーリーの提供開始。包括的なエンターテイメント・サイトとなるための重要なステップとして、1月に「ニュース&ストーリー」と「ファン・コントリビューター・プログラム」を発足させました。これらは、サイトで記事を発信したり、興味のあるトピックについての情報を見つけたりするためのまったく新しい方法を提供するものです。Wikiコミュニティの豊富な知識と熱意を源とするニュース&ストーリーは、さまざまなポップカルチャーについてファンが独自の視点で紹介できる新しいタイプの投稿ツールです。現在のところ、ニュース&ストーリーはアメリカとイギリスにて公開されていますが、今後、日本を含むより多くの主要な地域と言語で展開していく予定です。
    • ディスカッションの提供開始。新しく公開したディスカッション・プラットフォームは、ファンどうしが大好きなトピックについて熱く語り合える場です。ディスカッションのリリースにより、ファンの皆さんが情熱を共有し合える、真に包括的な ……
    全文を読む >
  • Kuro0222
    今回は、Fandom powered by Wikiaコミュニティ担当副社長のジェン・バートン(2011年入社)が事業開発担当上級副社長のウィリアム・シュルツェ(2012年入社)とともに投稿をお届けします。

    大規模ウェブサイトの多くは、プロダクトやサービスを中心に構築されています。たとえば、Googleはあらゆる情報を検索するためのサービス、FacebookやTwitterは自分自身を表現するためのプラットフォーム、というように、これが大半のウェブサイトの典型的な形です。しかし、Fandomはこれとは一線を画しています。Fandomは単一のプロダクトやサービスよりもずっと幅広いもので、皆がそれぞれの熱意や知識を持ち寄ってより大きなものを作り上げる場所です。このように、熱心なファン、知識の豊富なファン、筋金入りのファンをお支えするという光栄に恵まれている私たちにとって、Fandomの価値をコミュニティ抜きに語ることはできません。

    コミュニティは、Fandomの価値とそのあらゆる営みの中心にあります。私たちは常に、コミュニティのニーズと事業ニーズのバランスを保つように努めるとともに、「コミュニティ・コネクト(Community Connect)」イベントの規模を拡大させてコミュニティ ・メンバーとつながる機会を増やせるようにするなど、コラボレーションのための新しい手段も模索し続けています。このような価値観を軸に据えることで、私たちのプロダクトは、それを中心にサイトが展開するというよりも、世界中のユーザーがコンテンツを作成できる編集・公開ツールへと発展しました。そして、このツールで作成されたコンテンツが、より大きなコミュニティを形作っているのです。しかし、ここで投稿者と読者を結び ……

    全文を読む >
  • Kuro0222

    Fandomで広がる世界は無限大です。記事を編集したり、他のユーザーとライブチャットを楽しんだり、バッジを集めたり、コンテンツの整理に身を投じたり、あるいは大好きなトピックについてただ何時間も読みふけることもできます。 しかもそれを、デザインも内容も異なる36万ものコミュニティにわたってできるのですから、どれだけバラエティ豊かなのかは想像できると思います。

    バラエティ豊かなコミュニティは、Fandomの大きな魅力のひとつでもあります。 その一方で、コミュニティの数が増えれば増えるほど、エンジニアやプロダクトマネージャーにとってコード化が複雑になるということも事実です。 そしてFandomでは、持てる技術の総力を上げ、年月をかけて巨大なコードベースを構築してきました。

    数年前、Fandomでも熟練のエンジニアが数名集まり、このコードベースを分解して解析したいと申し出ました。 Fandomを支えているコーディングやその他の機能をもっと効率的に管理できる方法を模索したい、と彼らは言ったのです。 それができれば、今後のソフトウェア開発もさらに速く、円滑に行うことができることもわかっていました。 そしてこれまでベールに包まれたこのプロジェクトですが、ついにこれまでの大きな成果を発表できることになったのです!

    今回発表するソリューションは、その名もサービス指向アーキテクチャ(通称SOA)。長年のWiki編集者(編集し始めて10周年になります!)、およびコンピュータープログラマーとして、この度はFandomのソフトウェア開発チームの舞台裏で行われているプロジェクトの概要を説明できる運びとなり、大変うれしく思います!


    Fandomが取り組んできた技術的な変更点を理解しやすくするために、いくつか ……


    全文を読む >
  • Kuro0222
    今回は、Fandom powered by Wikiaプロダクト&イノベーション最高責任者のテッド・ギル(2014年入社)と、エンジニアリング担当上級副社長のアンドルジェ・スエドルジンスキ(2010年入社)からの投稿です。

    10年以上前にFandom(当時のWikia)が設立されたとき、Fandomの唯一の目的は「同じ関心を持つ人どうしを結び付ける」ことでした。ですから、Fandomの価値観を築くうえで、コラボレーションという言葉を抜きに弊社のことを語ることはできないのは明らかでした。

    以前こちらでご紹介しましたが、Wikiはコラボレーションの上に成り立っており、これがサイト自体の性質を作り上げています。Wikiが広く普及したのは、1人の知識よりも大勢の知識の方がはるかに勝るためです。Wikipediaで始まったWikiは、今日、Fandomの何千ものwikiに発展しました。こうしてFandomは、世界最大のエンターテイメント・ファンサイトに成長することができたのです。

    それでは、Fandomスタッフの普段のコラボレーションの様子とはどういったものなのでしょう。これについては、人事担当副社長のアン・ワトソンがFandomの価値観についての投稿で取り上げました。アンはこの中で、Fandomの会社としてのあり方がコミュニティのあり方に驚くほど反映されていると述べています。考え方もバックグラウンドも様々に異なるスタッフたちは、問題解決や意思決定へのアプローチとしてその多様性を利用しているのです。このブログ記事を書く作業もwikiページの編集と似ていて、1人だけで作成するのではなく、常に別の誰かが確認し、編集することで、可能な限り品質の高いものをお届けできるようにしています。

    スタッフ ……

    全文を読む >
  • Kuro0222

    Wikiとは、共通の話題を扱うメンバーが集ったコミュニティのことを指します。 コミュニティが大きくなるにつれ、メンバー同士での意見の不一致や対立は人間の性質上、どうしても避けられるものではありません。 ただし最初は単なる意見の不一致だったのが、どこを境目にしてハラスメントやネットいじめに発展するのでしょうか。

    ハラスメントやネットいじめは単なる意地悪なコメントや白熱した言い争いよりもさらに深刻な問題です。 どちらも度重なる悪質な攻撃が一定期間以上続く場合を指します。 SNS等で悪意のある内容や脅迫めいたメッセージの投稿、あるいは個人情報や写真の掲載が例に挙げられますが、 これら悪質な行為により相手に甚大な被害や、さらには生死に関わる影響を及ぼす可能性もあるのです。

    Wikiaにおけるハラスメントやネットいじめには以下の例が考えられます:   

    • 悪意のあるコメント、チャットメッセージ、ウォールメッセージなどを継続的に投稿する行為。
    • Fandomコミュニティ内でユーザーからブロックされた後、そのユーザーを他のコミュニティまで追ってやりとりを続ける行為。 (コミュニティ・セントラルでメッセージ1つまでならOK) * 誰かの個人情報を許可なく公開する行為(電話番号、実名、学校名等)。
    • 他のユーザーを故意に苛立たせる、脅かす、あるいは感情を逆なでする内容を継続的に投稿するような行為。
    • ヘイトスピーチの使用(人種や性別への攻撃など)。
    • 性的な誘いかけや不適切なコメントなど。


    ハラスメント行為を受けた場合、それを止めるために最も重要な手段は反応を一切示さないことです。 反論するのではなく、相手の存在を否定するかのように無視すること! いじめを働く相手はあなたの反応を見たがっているため、無視すること ……

    全文を読む >

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia