Fandom

Wikia

Wikia

ブログ:Fandomスタッフブログ

日本語
ブログの記事を作成

Fandomスタッフブログ

ブログの記事

  • Tomeito

    私たちは3月にページおよび記事のヘッダーの新デザインをご紹介し、ナビゲーションや編集ボタンなどの操作要素を含むページヘッダー部分のテストを行いました。新旧それぞれのデザインがユーザーのトラフィックにどう影響するか、サイトの使い方にどのような変化があるかといった点もテストの対象になりました。今回のテスト以前、私たちは2011年以来ヘッダーを更新していませんでした。ヘッダーは時代遅れになり、今風の感覚に欠け、改良の余地が多く残されていました。

    そして本日、今回のテストの大きな成功と、6月12日の週に全Fandom wikiで新ヘッダーが正式リリースされることを皆様にお伝えしたいと思います!


    コミュニティからのフィードバックや、テストによって収集されたデータは非常にポジティブな内容でした。特に、コミュニティからの反応は充分なデータが得られた後もテスト用ヘッダーを残しておこうと思えるほどポジティブでした。最後の数週間には、テストに加わりたいと申し出るユーザーも数多くいらっしゃいました。

    30のWiki で行われたテストにより、従来のヘッダーと比較してセッションごとのページビュー(1回のサイト訪問でユーザーが読むページの平均数)の増加、バウンス率(ユーザーが最初の1ページだけ見てサイトから離脱してしまう確率)の減少、セッション時間(ユーザーがサイトにとどまる平均時間)の増加といった結果が得られました。読者の意見や実際の行動から、みなさんが新しく今風なデザインのヘッダーを支持してくださっていることがわかります。また、より上質なサイトが広告主に好まれることを考えれば、新デザインは広告のクオリティ向上や数の削減にも繋がるでしょう。サイトの見栄えがよくなれば訪問者の滞在時間も増え、広告主の皆様 ……


    全文を読む >
  • Tomeito

    Wikiの現代化は、Fandomにワクワクするような変化を数多くもたらしてくれました。トップコミュニティの多くでも特別動画が導入されたことで、サイトを埋め尽くしている広告の整理が可能となり、その効果を現在もテスト中です。Wikiの現代化はこれまでデスクトップブラウザで実施してきましたが、いよいよモバイルウェブでの展開を開始する時がやってきました。

    Fandomでは先週、モバイル版Wiki動画の初期バージョンをモバイルウェブにて初公開しました。対象はRPG Mass Effect Wikiのスキルページなど、インフォボックスがないページでの限定公開ですが、5月18日以降はインフォボックスのあるページでも、導入されたモバイル版Wiki動画を視聴できるようになります。


    仕組みは以下のとおりです:

    • インフォボックスのないモバイルページ: このようなページの場合、Wiki動画は専用プレースメント枠の上部に表示されます。スクロールしている間も、ユーザーが非表示にしない限り、動画は縮小サイズでページ上部に固定されます。デスクトップ版でもスクロール中はページ右下に縮小した動画が表示されますが、モバイルでも同様の動きになります。
    • ポータブルインフォボックス付きのモバイルページ: Wiki動画とポータブルインフォボックスが両方とも存在するページの場合、動画はインフォボックスに直接埋め込まれ、画像のすぐ下に配置されます。こうすることでインフォボックスと一体化し、コンテンツの一部として自然に見えるようになります。ページをスクロールすると、動画は非表示にしない限りページ上部に固定されます。
    • ポータブルではないインフォボックス付きのモバイルページ: この場合、Wiki動画はインフォボックスのないモバイルウェ ……

    全文を読む >
  • Tomeito


    過去数か月に渡り、私たちはFandomにおける広告体験に関する情報を皆さまに公開してきました。最高の広告体験が必要な理由をご説明すると同時に、これまで行ってきた取り組みや、 それを実現するための今後の計画をご紹介しました。これらは最終的にWikiの現代化 プロジェクトへとつながり、魅力的な特別動画を導入することでサイトを埋め尽くしている広告を整理し、サイト全体のパフォーマンスを改善しようとする現在の取り組みへと進化しました。

    本プロジェクトが実際にどのような形で実現するかについて、その答えがいよいよ最終局面を迎えようとしています。


    Wiki動画、およびページや記事に挿入する新しいヘッダー開発に伴い、ユーザーと広告主にとってベストな広告構成の決定に向けたテストに現在務めています。各テストに共通する条件は以下の通りです:

    • 各ページに載せる広告数を減らし、ページの見た目とパフォーマンスを改善します。
    • 特別動画を挿入するページに関しては、動画なしのページよりさらに広告数を減らします。
    • Fandomも、Fandomを利用するユーザーも、広告の品質を向上したいという願いは同じです。

    上記を踏まえ、Fandomでは次の段階への期待が高まりつつあります。


    Fandomでは5月、動画あり・なし両方のページにおいて、ログインしていないユーザーに向けた4種類の広告体験をテストしていきます。各バージョンに渡り、ユーザーがスクロールしている間に現れる要素が一部共通します:

    • 特別動画ありのページの場合、スクロールしている間は継続的に最小化された動画プレーヤーが表示されます。
    • 新たにデザインされた「注目のFandom記事」モジュールに最も関連性が高く、人気のニュースやストーリーが掲載されます。
    • テストの中にはスクロール ……



    全文を読む >
  • Tomeito


    皆さまにWikiの現代化プロジェクトについてご紹介した当初より、私たちは動画が重要な要素であることを繰り返しお伝えしてきました。昨今の読者が動画視聴に魅力を感じている現状を踏まえ、ユーザーを魅了するようなWiki動画に広告機能を与えることにより、サイトを埋め尽くしている広告を整理し、Fandom上すべてのWikiページのパフォーマンス改善が期待できます。これを実現するには、ユーザーが思わず見たいと思える動画を制作しなければいけません。そこでFandomでは現在、様々な動画をテストしながら、利用者が最も期待するコンテンツの究明に努めています。


    Fandomでは現在、トラフィックが最も高いページに掲載する動画を決めるべく、様々な種類をテストしています。また本テストを継続的に実施することで、ユーザーや一般利用者が興味を示すコンテンツの変化に対応していく予定です。今後掲載する動画は、現時点で以下の4種類です:

    • 高品質なカスタム動画:主要コミュニティのトラフィックの高いページには、司会者を立て、デジタル効果を駆使し、ナレーションを入れるなど、高い品質でひとつずつカスタマイズされた動画を制作します。この種類の動画は、各Fandomサイトの要であるユーザーにスポットライトを当てる作りになっており、例として『Mass Effect: Andromeda』Wikiページ掲載の「アンドロメダ銀河に人間が到達する日はやってくるのか?」が挙げられます。
    • ナレーション入りテンプレート動画:この種類の動画は基本となるテンプレートを使って制作され、その上に表題の映像やイメージ、およびナレーションを挿入していきます。例としてキャラクターの概要や、特定のトピックにおける「ベストシーン トップ5」など、様々な一 ……


    全文を読む >
  • Tomeito

    3月28日より、Fandomサイトのトップに表示されるナビゲーション・バーに新しい通知機能が追加されました。今回の新機能は、ナビゲーション・バーに呼び鈴のアイコンで表示されます。この通知機能は、皆様が特に関心を抱いているすべてのアクティビティにアクセスできる中心的な通知サービスのひとつです。わたしたちの目標は、Fandomサイト全体における最新の関連アクティビティに、シンプルかつ簡単にアクセスできる通知システムをつくることです。また、皆様はメールやアプリのプッシュ通知に加え、今回のサイト上ディスプレイ通知で最新情報を受け取れるようになります。

    この新システムで最も刺激的な改善点は、モバイルからのウェブユーザーも通知を受け取れるようになったことです。Fandomのログインユーザーのうち、スマートフォンからの利用者は22%にのぼります。今回のアップデートにより、ユーザーはどこにいても、どのデバイスからでも通知にアクセスできるようになりました。

    新機能では、ディスカッションもサイト上での通知対象になります。ディスカッションでフォロー中の投稿にリプライがつくと通知が送信されます。また、自分で投稿やリプライをした場合、他のユーザーから「イイね!」がついた時にも通知が送られます。

    今回のアップデートでは、デスクトップ版のwikiページと、デスクトップ版およびモバイル版のディスカッションページに新しい通知システムが適用されます。また、来月中にはモバイル版のwikiページにも新システムを追加できるよう、現在作業の仕上げに取りかかっています。

    メッセージウォールやフォーラムの通知はどうなるのでしょうか? 古い通知システムはこの2つの機能に特化していました。今後も、この2機能の通知は新システムとは ……

    全文を読む >
  • Tomeito

    Fandomが常に目指すもの、それは「今より素晴らしいユーザー体験」です。そしてこれを実現すべく、今回の「Wikiの現代化」プロジェクトを進めていく中で、いくつかの改善ポイントに取り組むことになりました。1つ目はWikiページを埋め尽くしている広告を整理することであり、またそれらを Fandom制作の特別動画に置き換えることです。

    2つ目の取り組みがページおよび記事のヘッダー部分の改善です。ページのヘッダーにはWikiページのロゴデザインとメニュー機能があり、また記事のヘッダーにはページのタイトルと編集ボタンが含まれます。2011年より、ページ及び記事のヘッダーは以下のデザインが使われていました:



    昨年12月を皮切りに、Fandomでは12のWikiページを対象にページヘッダーの新デザインをテストし始しました。本テストの前に、その準備として様々なデータや実際のユーザーテストを行ったところ、以下2つの重要ポイントが判明しました:

    • 事実、ほとんどのユーザーはサイト内を移動する手段としてローカルのメニュー機能を使用していません。つまり現状はそもそもの目的を果たしていないため、改善の余地は十分あると見込んでいます。
    • ログインしているユーザー、およびログアウトした読者の間でローカルのメニュー機能の使用が異なっており、これは多くの場合、ローカルメニューが編集者向けに設計されていることが原因と思われます。

    初期段階のテスト結果では、ページヘッダーへの変更によってユーザーによるWikiコンテンツの発見に悪影響は与えないことが明らかになりました。つまり工夫さえすれば、読者がさらにWiki内を探求し、多くのページを目にする機会を増やすことが可能だということがわかったのです。


    Wikiの現代化プロジェク ……




    全文を読む >
  • Tomeito


    Fandomではこの2ヶ月間、サイトの向上を目指した今後の取り組みを一部公開し、2017年の展望についてご説明してきました。将来的な計画については、先月投稿した広告に関するブログシリーズでも具体的に説明させていただいています。Wikiにおけるユーザー体験の改善は2017年前半の大きな課題ではありますが、「じゃあ、実際にどうやるの?」と皆さま気にされていることでしょう。そこで今回はまだ企画段階の本プロジェクトを公表し、皆さまのフィードバックをぜひお聞かせ願いたいと思います。


    私たちの目標は最新のデジタル体験を実現することです。適切なタイミングで適切なコンテンツを提供し、簡単な画面操作ができる優れた体験を、2大顧客であるユーザーと広告主にお届けすることを目指しています。

    • ユーザーと読者:私たちはそもそも、ユーザーへのサービス提供を目的にサイトを運営しています。コンテンツと非コンテンツの情報のバランスは対等ではなく、コンテンツこそ常に第一優先であるべきです。
    • 広告主:Wikiを安定して継続しつつ、サイト全般の性能や機能の改善を担保するためにも、広告主に明確な価値を提供する必要があります。ページのデザインが2010年以降あまり変更されていないにも関わらず(また多くの低品質な広告商品が導入されたこともあり)、広告主の期待値は確実に変わりつつあります。すっきりした現代的なデザインのページに広告を載せたいと願う広告主が増えている中で、デザインは特に大きな課題となっています。

    ここで特筆すべきポイントは、雑然としたページを整理し、真の主役であるコンテンツを読みやすくしたいというユーザーや読者の願いは、広告主の希望とかなり一致しているという点です。事実、今回のプロジェクトでもこのポイントを中心に ……



    全文を読む >
  • Tomeito
    本記事の著者、テッド・ギルはFandom powered by Wikiaのプロダクト&イノベーション最高責任者です。Fandomにおける今後の広告掲載について、彼に質問したいこと、伝えたいことはありませんか? このブログ(全3回の第3回目)をお読みになり、下のコメント欄からご意見、ご質問をお寄せください!

    このブログシリーズでは、広告にまつわる様々なことと、Fandom上の広告掲載をどのように改善すべきかについてお伝えしてきました。1回目の投稿では、シリーズへの手引きとして、Fandomサイト上における広告掲載の基本的な仕組みについてご紹介しました。2回目の投稿では、さらに踏み込んで、オンラインで最も一般的な広告形態であるプログラマティック広告の掲載を改善するためのこれまでのFandomの取り組みについてお伝えしました。今回は、サードパーティのアドエクスチェンジではなく、クライアントと直接連携する方式に基づいたダイレクト広告と、Fandom上の広告掲載をさらに改善してくための今年度の計画についてお話しします。


    前回までの投稿でお話ししたように、Fandomは現在、ページ上の広告形態をプログラマティック広告からダイレクト広告へとシフトしています。ダイレクト広告はクライアントと連携して良質な広告表示を目指す方式であることから、プログラマティック広告よりも常に品質が高くなります。プログラマティック広告はアドエクスチェンジから配信されるものですが、ダイレクト広告は通常、広告主との協力のもとにFandomのデザインチームによって作成されます。私達はFandomサイトの広告掲載をできる限り良くしたいと考えており、クライアントも、品質の高い広告ほどより多くのユーザーに見てもらいやすくな ……


    全文を読む >
  • Tomeito
    本記事の著者、アダム・ケリーはFandom powered by Wikiaの財務戦略担当副社長です。広告掲載に関するFandomのこれまでの取り組みについて、彼に質問したいこと、伝えたいことはありませんか?このブログ(全3回の第2回目)をお読みになり、下のコメント欄からご意見・ご質問をお寄せください!

    先日、Fandomにおける広告掲載の仕組みについてのブログシリーズ第1回を投稿しました。その主な内容は、Fandomサイト上の広告掲載にはまだまだ改善の余地があるというものでした。現状では広告数が多くなり過ぎており、ページが雑然とするばかりか、サイトのパフォーマンスにも影響を及ぼす可能性があります。この投稿では、広告の種類の1つで、ウェブ上で最も一般的な形式となっているプログラマティック広告についてもご紹介しました。

    今回の投稿では、プログラマティック広告を減らすFandomのこれまでの取り組みについてお話しします。そして、シリーズ最終回の投稿では、ダイレクト広告(広告主に直接販売される広告ユニット)の詳細や、Fandomサイト上の広告掲載を改善していくための今後の取り組みについて取り上げます。


    どの業界でもそうであるように、ウェブ広告にも良質なサービスと悪質なサービスがあります。アドエクスチェンジには、ユーザー・エクスペリエンスを重視した高い品質を保っているものもあります。そうしたアドエクスチェンジは、広告主とユーザーの双方にとって最も価値がある広告掲載を行うには、広告の掲載効果と品質を優先させつつ、ウェブユーザーに関するデータをもとに品質と関連性の高い広告を配信する必要があることを理解しているのです。その一方で、悪質な方法でユーザーデータを収集し、ユーザーがページを開いて ……


    全文を読む >
  • Tomeito
    Fandom powered by Wikia上の広告について疑問に思った点はありませんか?このブログ(全3回の第1回目)をお読みになり、下のコメント欄からご質問をお寄せください!

    広告。これには、誰もが様々な意見を持っていることでしょう。広告はインターネットの重要な部分であり、Fandomのような会社にとっては、サイト運営に必要な資金を得るための手段となっています。Fandomのブログでは、これまで広告について大きく取り上げたことがなかったため、今週はFandom上の広告について詳しくご紹介していきます。1回目と2回目の投稿では、Fandomに広告が表示される理由についてご説明します(Fandomは広告によって支えられる事業形態であり、広告を表示することで、ユーザーに利用料をお支払いいただくことなく、世界最大のエンターテイメント・サイトの運営と継続的な改善を実現しています)。また、サイトに表示される広告の種類についてもご紹介します。そして、シリーズ最終回では、Fandom上の広告のこれからと、ユーザーの視点に立った広告掲載の改善について取り上げます。


    では、さっそく本題に入りましょう。Fandom上の広告掲載には、まだまだ改善の余地があります。インターネット上の多くの営利サイトと同じく、Fandomの1ページごとの広告数は増え続けており、広告コンテンツとサイトのコンテンツのバランスがやや不均衡になっています。これでは、ログインしていないユーザーにわずらわしさを感じさせることもあるでしょう。こうした現状は、Fandomのユーザーの方々も、我々スタッフも認識していることで、このブログシリーズを投稿することになった理由の1つでもあります。このブログを通じて、Fandomスタッフ ……


    全文を読む >

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki