FANDOM


数式<math>タグを使用した記事に表示されます。

MediaWikiはAMS-LaTeX (TeXと書いてギリシャ語読みで「テフ」と読む) のマークアップのサブセットと、数式用の TeXのマークアップのスーパーセットである LaTeXマークアップのスーパーセットを使用しています。これはユーザー設定や式の複雑さに応じてPNG画像やシンプルなHTMLマークアップのいずれかを生成します。

詳しい手順 編集

  • まず初めにソースエディタモードにしてください。
  • 以下のフォーマットを使用してください: <math> 表示される数式 (math to be displayed) </math>
  • 例えば、3 x 2 = 6 は <math>{3 ~ \times ~ 2 ~ = ~ 6}</math> と記述すれば次のような数式が生成されます。
$ {3 ~ \times ~ 2 ~ = ~ 6} $

注意 編集

  • 巨大な数式はページの幅よりも広くなる可能性があります。可能な場合は数式を数行に分けることをお考えください。
    • もうひとつの解決法は、数式を簡単なdivと"overflow-x:scroll"の中に配置しスクロールバーが現れるようにすることです。例:
<div style="overflow-x:scroll;">
<math> 数式はここに書きます </math>
</div>
  • デフォルトの CSS は
img.tex { vertical-align: middle; }

となっているため、 $ \int_{-N}^{N} e^x\, dx $ のようなインライン表示はきれいに表示されます。

縦の位置関係を変えるためには、<math style="vertical-align:-100%;">...</math> を使って、vertical-align のパラメータを調整して下さい。ただし、どのように見えるかはブラウザとその設定に依存します。

関連情報 編集

その他のヘルプとフィードバック 編集