FANDOM


Community connect 2016

みなさん、いかがお過ごしですか??今日は、8月半ばに開催されたWikiaイベント「Community Connect(コミュニティ・コネクト)」についての様子をご報告したいと思います!

コミュニティ・コネクトは昨年、はじめての試みとして開催したイベントで、30名近くの世界中のアドミンのみなさんをサンフランシスコにご招待し、様々なプレゼンテーションやセッションを行いながらWikiaスタッフとアドミンのみなさんの交流を実現でき、おかげさまで大成功となったイベントです。そんなイベントの規模を今年はもっと広げたい...!ということで、ポーランドのポズナン、アメリカのサンフランシスコにて、2回にわたってこのイベントを開催しました。

そしてもちろん日本語コミュニティからも、代表として2名のアドミンさんにご参加いただきました!

今年ご参加くださったのは、コミュニティ・セントラルのアドミン、そして Language Brigade Wiki (言語ブリゲード ウィキ) でもご活躍されている Plover-Yさん と、エバークエスト2 Wiki のアドミンとしてご活躍されている Eq2jaさん のお二人です!私もお二人とはそれぞれのコミュニティのメッセージウォールなどでやり取りさせていただいていましたが、サンフランシスコで実際にお目にかかることができて、個人的にもとても嬉しく、たいへん有意義な時間を過ごさせていただきました。

イベントでは3日間を通して、プロダクト、マーケティング、コミュニティのそれぞれのチームが、Wikiaについてより深く知っていただくために、様々なトピックに関するプレゼンテーションをさせていただきました。セッションでは、比較的新しい機能であるトークをはじめコミュニティ・アプリSEO、英語版でリリースされているFandom(ファンダム)とその投稿システムについてなど、多様なトピックをカバーする、濃厚な3日間となりました! (どんなセッションが行われたのかご興味のある方は、ぜひこちらからコミュニティ・コネクトの様子を覗いてみてください。)

もちろん固い話だけではなく、お二人やみなさんとの交流の時間もとても有意義でした!このようなイベントをとして、オンラインだけではなく、Wikiaを通じて出会ったみなさまとこうして顔を見てお話ししたり、一緒に笑ったりできる時間は、スタッフ一同、何にも代えがたいと改めて感じます。

Operation Selfie Shootout Poland SF 2016


その他にもPlover-YさんEq2jaさんには、お二人がどのようにしてWikiaで編集を始めてくださったのか、またWikiaでどんなところを改善できるかなど、お話を聞かせていただくフォーカス・グループ・セッションの機会もあり、たいへん貴重なお話を聞かせていただき、本当にありがとうございました!お二人を含め、他の様々な国からご参加のみなさんには後日イベントに対するご感想とご意見をいただきましたが、イベントの大きな目的の一つである「Wikiaや他のアドミンのみなさんについてより深く知っていただく」という点についても達成できたイベントとなったようです。

今後より多くのみなさんにこうしたイベントにご参加いただく機会を設けたら...と思っております! 日本でこのようなイベントを開催することも検討しておりますので、ご参加にご興味がある方はぜひ今のうちにコメントにてお知らせください ♪

スタッフブログが更新された際の通知の受信をご希望の方は、 こちらをクリックしてブログをフォローすると、通知を受信していただけます。

100#.jpg コミュニティ・スタッフのCharicoccoと申します。みなさんにWikiaコミュニティに参加して楽しんでもらうためのお手伝いをさせていただいています。何かお手伝いできることがありましたら、お気軽にメッセージを残してくださいね♪

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki