FANDOM


日本の Wikia のコミュニティは現在のところ、英語版に比べてまだ小規模で人口が少ない発展途上の段階にあるように見えます。それにはいくつかの理由があると思います。@Wiki, wikiwiki.jp,PukiWiki software といった wiki が日本国内では広く使われています (@Wiki と wikiwiki.jp は PukiWiki ソフトウェアをベースにしています)。しかし、これらの PukiWiki や PukiWiki をベースとした Wiki はカテゴリテンプレート名前空間機能が実装されていません。それ故に、MediaWiki は PukiWiki やそれをベースとした Wiki と比較すると技術的側面で優位にあります。

一部の日本のインターネットユーザーは匿名社会を好む傾向にあります。PukiWiki 、@Wiki、wikiwiki.jp の「投稿記録」 (編集履歴) はデフォルトでは匿名に設定されています。PukiWiki と @Wiki の編集履歴は隠蔽することができます。一方で、 ウィキペディア日本語版では、ウィキペディアの「投稿記録」が可視化されているためか、一部の日本語版のウィキペディアンどうしがウィキペディア日本語版で足の引っ張り合いを行っている姿を見かけることがあります。それゆえに、一部の日本のネットユーザーは匿名性を好む傾向にあります。PukiWiki、@Wiki、wikiwiki.jp は典型的な匿名の編集履歴がありますが、編集の要約欄がありません。これらの Wiki による編集の勢いは、これらの Wiki のシステムに「テンプレート」機能がないために徐々に下降しがちです (詳細は http://www.creationkit.com/Category:Templates/ja を参照)。

キーワードプランナー (キーワードツール) で、地域を「日本」、言語を「日本語」に設定して 「Wiki」 または「ウィキ」で検索すると、その検索結果はサブカルチャーに関連するキーワードが大部分を占めています。"MediaWiki" で検索すると、ほとんどがMediaWikiのインストール方法や使用法に関する情報が検索結果に現れます。

私は今 (学校法人ではない) ビジネススクールに通っています。私がそこで聞いたところによると、ほとんどの人が Wiki とは何かを知らないのが現状です。その傾向は特に中高年以上の人に現れがちです。彼らのうち数人が Wiki が基本的にだれでも編集できることを知りません。加えて、多くの団塊の世代の人は、インターネットそのものに慣れていません。その上、彼らの多くが、パソコンの使い方すら知りません。

日本のウィキアコミュニティの規模を拡大するには、このような Wiki について何も知らない人を教育する必要があると私は考えています。そのためには、彼らを教育するために誰かが関連する書籍を出版する必要があると私は考えています。日本では、2009年頃から Wiki に関する書籍はほとんどありません。2012年にウィキリークスに関する書籍が登場して一時的に注目をされたに過ぎません。それゆえに、現在のところ日本ではWikiがあまり知られていないと考えています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki