FANDOM

Tomeito

スタッフ
  • 居住地 Community Development Rep at Fandom
  • 自己紹介 Wookieepedia日本語版の管理人です。スタッフとして他のWikiにも時々出没します。
  • [さらに表示]
  • Tomeito

    2017年、FANDOMはwiki体験の現代化を目指すプロジェクトの一環として、すべてのWikiページ上部のページヘッダーおよび記事ヘッダーのデザインを一新しました。この成果には大きな手ごたえを感じつつも、ご愛用いただいているユーザーの皆様にWikiページをもっと魅力的に感じていただくためには、さらなる改善の追加は必須でした。

    本日より、ログイン済みのユーザーを対象に新しいショートカットメニューがページヘッダーに表示されるようになりました。ショートカットには「画像を追加」「動画を追加」「最近の更新」が含まれ、また「ショートカット」メニューには編集者やアドミンに便利な特別ページやメンテナンス用のリスト、その他ページへのリンクが表示されます。新しいショートカットメニューのプレースメントは以下の通りになります:


    新メニューの公開後、さらにエンゲージメントデータやユーザーフィードバックを数ヶ月間分析し、ページヘッダーへのショートカット機能を継続的に開発していきます。ユーザーエンゲージメントが深い場合、FANDOMでの願いとしてはメニューにカスタマイズ性を加え、ユーザー自身が好きにカスタマイズできるようにしたいと考えています。

    上記はプロダクト開発において小さな一歩でありながらも、2017年からの取り組みに続くエキサイティングな進化といえます。今後も最新情報をお伝えしていきますのでご期待ください。また2018年におけるプロダクト開発の基本構想も次の数週間にご紹介していきますので、ぜひコミュニティセントラルでFANDOMの最新報告をこまめにチェックしてみてください!

    全文を読む >
  • Tomeito


    FANDOMプラットフォームの重要な一部として、ディスカッションは日々進化し続けています。2017年においてプロダクト開発の焦点はWikiの現代化でしたが、一方でディスカッションも継続的に改善を続け、2018年も変化は目白押しです。

    その前に、本年末までのハイライトは以下の通りになります。


    FANDOMでは今週、ディスカッションを導入しているコミュニティすべてに画像アップロード機能を正式に追加しました。これまで一部のコミュニティにて初期のテストリリースで導入していましたが、多大なるご協力およびフィードバックにより、特にコミュニティ・アプリにおけるGIFの取り扱いなど、改善やバグの解決を行うことができました。

    今回のアップロード機能においても、上記テストにご参加いただいたコミュニティは一早く活用しており、Yu-Gi-Oh! Wikiaのこちらの投稿やWikiDexのこちらの投稿がその一例になります。投稿にあるヘッダー背景画像は、様々なコミュニティで作品を掲載している才能あふれるアーティストによるものです。

    ディスカッションにおける画像について:

    • PC版では、ドラッグ&ドロップによるアップロードが可能です。
    • ディスカッションでアップロードした画像にファイルページは設けられず、特別:画像やその他Wikiアクティビティのフィードに含まれることもありません。
    • FANDOMでのすべての画像と同様、ディスカッションにアップロードした画像はすべての年齢に適切な内容であることを確認するために、投稿直後に評価の対象となります。
    • 現時点では投稿/返信1つにつき、アップロードできる画像も1つに限定されます。
    • お気に入りのコミュニティアプリの最新バージョンを必ずインストールしておいてください!

    2017年の年末まで ……




    全文を読む >
  • Tomeito

    本日はFANDOMでのセキュリティ対策について、重大な最新情報を2つお伝えいたします。1つ目はGoogle Chrome上でユーザーが目にするメッセージについて、2つ目は近日中にFANDOMが展開する最新のHTTPSサポートに関する情報です。


    現在、多くのウェブブラウザはセキュリティ強化の必要性についてユーザーに呼びかけており、特にGoogle Chromeにおいてその動きが顕著にみられます。そのため、Chromeをお使いのユーザーは今後、FANDOMネットワーク上でフォームを記入、および編集する際にも、アドレスバーに「Not secure(安全な接続ではありません)」というメッセージが表示されます。

    これらツールのセキュリティ対策について、FANDOMでは今後のエンジニアリングサイクルにて強化していく計画を立てています。その間、上記のフォームを通じて個人のデータやプライベートな情報が送信されることは一切ありませんので、引き続きツールを安全にお使いいただくことができます。ただし相手が誰であれ、メールアドレス、パスワード、年齢や現在の場所など、個人情報をコミュニティ上に公開されないよう、引き続きご注意をお願いいたします。基本原則として、ハッカーに情報を盗まれたくない場合は特に、投稿を通じて一般公開しないことをFANDOMでは推奨しております。

    ではなぜ、このようなメッセージが表示されるのでしょう。答えは、これらのフォームがHTTPSプロトコルではなく、まだHTTPプロトコルを使用しているからです。この2つのプロトコルの違いは単純です: HTTPがプレーンテキストでデータ送信を行うのに対し、HTTPSは同じデータを暗号化します。つまり、ユーザーとウェブサイト間のデータ通信をハッカ ……


    全文を読む >
  • Tomeito

    すべての物事に変化はつきものです。時を超えて不朽の価値が残るものもあれば、一方では流行りすたりが激しいもの、あるいは必要に応じて機能性が進化するものもあります。コミュニティを作り上げる私たちにとって、読者に提供する魅力的なコンテンツのデザインも時に大きな課題となります。世界中のFANDOMのユーザーは、今ではモバイルをはじめとする「セカンドスクリーン」体験に移行しつつあります。スマートフォンあるいはタブレットであれ、読者は単にテレビやゲーム画面で見るコンテンツ以上のものを求めています。ファンは没入型の体験を欲しがっており、状況や背景、攻略ガイド、仮説、また一部はネタバレすら欲求しているのです。今やほとんどのコミュニティにおいてモバイルのユーザー層が顕著であること、それも時には合計ページビューの60%がモバイルであることは、もはや無視できない状況です。

    では、コミュニティの長期的な健全性のためにも、どうすれば最高のユーザー体験を実現できるのでしょうか? 答えは、モバイルユーザーを確実に引き込むために考えられた、良質なコンテンツデザイン用ガイドラインの策定と採用です。デスクトップでの体験が小さな画面には適さないことは一目瞭然です。今回の記事では、FANDOMで今でも散見される、必ずしも観客にとってベストな体験につながらない古い慣習をひとつずつ検証していき、改善策を提案していきます。


    Wikipediaや、初期のWikiによく見られる過去の遺産がNavboxです。一連の短縮URLをレイアウトテーブルに詰め込んだNavboxは、モバイルユーザーにとって決して使いやすいものではありません。最近まで、見た目の問題からWikipediaのモバイルフォームにおいても表示されていませんでした ……


    全文を読む >
  • Tomeito

    2017年初めより、私たちは「Wikiページ上の広告数を減らす」という目標に向けてサービス開発に取り組んできました。この作業は「Wikiの現代化」というプロジェクトの大部分を占めるものでした。サイトのデザインと品質を改善すれば、これまでのようにページを広告で埋め尽くさなくても、ユーザーと広告主に最新のウェブ体験を提供できるようになると考えたからです。

    このたび、私たちはこの重要な目標を達成し、10月2日月曜日付で、すべての地域を対象に、ページあたりの広告数を減らした新しい広告体験を導入しました。これにより、サイト上の総広告ユニット数の30%以上を削減することができました。FANDOMとユーザーの皆さんが共に長年望んできたことが実現に至り、スタッフ一同たいへん嬉しく思っています。


    この新しいレイアウトは、各地域(現在のところ英国以外)のすべてのWikiですべてのページに導入されています。さっそくチェックしてみてください!今回の導入で多くの皆さんに特に関心を持っていただける点は、右カラムの動作です。右カラムを広告でびっしり埋め尽くすのはやめ、ユーザーのスクロールに合わせて移動するようにしました。ほとんどのページでは、最初に「人気のFANDOM記事」モジュールが表示され、 スクロールを続けると途中で広告に切り替わり、その後再びモジュールに戻ります。さらに、「人気のFANDOM記事」モジュール自体も以前より縮小しました。非英語コミュニティには「人気のFANDOM記事」モジュールがありませんが、スクロールに合わせて動く広告が表示されます。

    また、ページ下部の広告数も減らしました。小型の広告をたくさん掲載する代わりに、ページ上部と同様に、ページ下部にも広告を1つだけ表示します。


    この新しい ……



    全文を読む >

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。