FANDOM


私達は今年、モバイル・エクスペリエンスの向上のためにさまざまな試みを展開してきました。最初に行ったのは、モバイルサイトの読み込み速度とパフォーマンスを上げるための各種システム改良です。最近ではサイトの印象をより良くするため、ウェブデザインの改変を進めています。

モバイル・ウェブを変更する理由

なぜモバイル・ウェブに変更を加えるのか、疑問を持つ方もいるかもしれません。簡単に言うと、ページの見た目の印象が良く、デザイン品質が高いほど、訪問者が再びコミュニティに戻ってくる可能性が高いからです。またそれだけでなく、良い見た目のページほど高品質の広告を掲載できる機会が増加し、結果的に広告の数を減らすことにつながります。2017年にデスクトップ版の広告を30%削減することができたように、私達はモバイルでもより良いデザインが広告削減を実現し、パフォーマンスを改善してくれると信じています。

モバイルで変わったこと

今年、私達はモバイル近代化のさまざまな計画を実現しました。以下がその一覧です:

  • パフォーマンスの改善:システムのバックエンドの改善により、ページの読み込み開始からかかる時間が7秒から3.5秒に減り、実に51%の減少が実現できました。
  • フォントの変更:3月には、モバイル・ウェブのWikiページのフォントが Rubik に変更されまいた(英字)。これはFANDOM ブランドのフォントで、モバイル・ウェブと同時にFANDOMアプリでも変更が行われています。
  • 記事トップのデザイン変更:7月には、モバイル・ウェブおよびデスクトップページのトップ部分のアップデートを行いました。FANDOM全体のナビゲーションと各サイトのナビゲーションが効率的に作用するよう改善し、コミュニティの名前が最上部に表示されるようにしました。

先月にもいくつかの重要な変更を行いました。

  • ポータブル・インフォボックスのデザイン変更:ポータブル・インフォボックスがより目立つようにデザインを変更し、各記事のテーマに関する情報が手軽に得られるセクションであることをわかりやすくしました。
  • 検索スクリーンの改善:読者に他の記事を薦めるため、トレンドのFANDOM記事に表示される検索スクリーンを改善し、異なるコンテンツ間のデザインに統一性を持たせました。
  • モバイルからの編集:現在、私達はモバイル版から編集ボタンを取り除いています。モバイルからの編集機能はさほど利用されておらず、その使い心地も私達が理想とするものではありませんでした。後日、よりよい編集方法をモバイルで実現できたら、再び編集ボタンを設置したいと思います。
  • フッターの改変:サイト全体のフッターが新しいテーマに改変され、現在の言語から別言語版のサイトへ飛べるよう、“他言語版”のセクションが追加されました。
  • ギャラリー:探している画像を見つけやすくするため、デフォルトではギャラリーに1つの画像を表示するのではなく、最初から複数の画像を表示するようにしています。

近い将来、画像をタップすると、ギャラリーから選んだ画像に移動しやすくなるライトボックスが開く機能を追加する予定です。また、テーブルがモバイル・ウェブでも見やすくなるアップデートも準備中です。

モバイル近代化の成功

私達はモバイル近代化が成功していることを大変喜んでいます。デスクトップならびにモバイルの改善は常に行っていきますが、ここまでの成果と、近日中に行われるアップデートは、約1年半前に始まった近代化プロジェクトの最高地点と言えるでしょう。

今こそ新しい開発プロジェクトに乗り出すときです。これから数週以内に、私達が乗り出している新たなプロダクト開発計画について皆さんにお話する予定です。このプロジェクトにはデスクトップとモバイル双方に関わる刺激的なアップデートが含まれています。

モバイルの近代化について疑問がありましたら、ぜひコメントをお寄せ下さい!

本ブログは英語版のHow FANDOM's mobile skin has changed in 2018を翻訳したものです。