FANDOM


前回の投稿では移行について簡単に案内しましたが、今回は、具体的に移行で何が変わるのか、移行にあたってどういった対応が必要なのか、移行のスケジュールなどについてまとめていきます。

新スキンについて

今回メインとなるのが、現行のスキンである monaco から新しいスキンへの移行です。ウィキアのスキンは monobook > quartz > monaco > 今回の新スキン と変更されてきており、Wikipedia の前世代スキンでもある monobook を第一世代とすると今回の新スキンは第四世代にあたります。

スキンの変更というのは、ウィキ全体の見た目に強く影響を与えるものであるため、ウィキアで数あるできごとの中でも最も重要なものとして位置づけられています。特に monaco 以降、多数の拡張機能を含めウィキアはスキンと強く連動したカスタマイズを MediaWiki に行っており、新スキンの採用は、新旧スキンと連動するさまざまな箇所に影響を及ぼします。

移行にあたっては、ウィキアスタッフやボランティアヘルパーがローカルのウィキに与える影響をできるだけ抑えるよう作業にあたっていますが、サイドバーなどのように、どうしても個別対応しなければならない箇所があります。そこで今回のエントリでは、新スキンおよびそれに伴い導入される新機能の紹介、新スキンへの移行にあたって各ウィキで対応が必要な部分を紹介してきます。

新スキンの紹介

新スキンのデザイン

Ja.ffxiclopedia screenshot new-look-oasis.png

ウィキアの次世代スキン

上が、今回導入される新スキンのスクリーンショットになります。ログインユーザの方であれば、個人設定から「外装」タブを選択し、「New Wikia Look 」にチェックを入れることでこれを確認できます。

新スキンで追加・変更される部分は以下のとおりです。各番号は、上図の各赤枠に添えられた番号に対応します。

  1. ウィキナビゲーション: 現行の moanco のサイドバーナビゲーションは、新スキンではページのトップに移動します。この変更に伴い、各ウィキでカスタマイズしているサイドバーの移行作業が必要となる場合があります。移行については下の節で解説します。
  2. 議論ページもしくはコメント: ふきだし横にあるリンクをクリックすることで、ノートページもしくはコメントセクションに移動します。
  3. 通知: 新しいメッセージやコミュニティコーナーへの変更があると、従来のページトップに出る帯にかわり、左下にふきだしで通知が出るようになります。
  4. ウィキアクティビティ: 下にあるセクションやこのリンク先では、ウィキで行われた最新の編集についての情報を示します。これは、従来の My Home 機能の新しいバージョンになります。
  5. 最終編集: 簡易編集履歴機能です。表示しているページに最近行われた編集を表示します。
  6. 移動/保護(保護解除)/削除: ページトップにあった管理者向けのリンクは、編集ボタンの中にドロップダウン形式で移動します。移動や保護、削除を行うには、ボタンをクリックしてドロップダウンから適切なものを選択してください。管理者権限を持たない利用者の場合、移動だけあるいはドロップダウンメニュが無く単にボタンだけとなります。
  7. マイツール: 新スキンと一緒に導入されるウィキアの新機能で、ページのスクロールに追従して常にブラウザの最下部に出るツールバーに用意されています。標準では「履歴」と「リンク元」へのリンクのみがドロップダウン形式で表示されますが、「マイツールを編集」をクリックすると編集画面が現れ、これで編集することで好きなツール(特別ページ)へのリンクを追加できます。

コンテンツ領域

新しいスキンでは幅が固定となり、記事のコンテンツ領域が660ピクセル、メインページのコンテンツ領域が980ピクセルになります。

新スキンへの移行にあたり、各ウィキのコンテンツがこの新しい領域でどう見えるのかチェックしてみてください。大きなテーブルや画像などを使用している場合、新しいコンテンツ領域にこれをあわせる必要があるかもしれません。

カテゴリ

それぞれの記事が属するカテゴリのうち、リンク数(所属するページ数のこと?未確認)が多いもの上位二つがその記事のトップに表示されます。これは、閲覧者がカテゴリというシステムを見つけ理解し、その記事の重要なカテゴリを簡単に見つける手助けとなります。

ひとつ注意しなければならないのは、メンテナンスカテゴリは、よく利用されるものの閲覧者にとってはあまり有用ではないということです。訪問者にとってどういったカテゴリを見せるのがよいのかを考慮し、それがページのトップに来るようにしてください。

ナビゲーション

monaco でページの左側に置かれていたサイドバーナビゲーションは、新スキンではページのトップに移動し、ナビゲーションの内容はMediaWiki:wiki-navigationで決定されるようになります。この領域は、4つのメインヘッダと、7つのドロップダウンリンクから構成されます。

ナビゲーションの内容は、古い monaco のものから自動的に複製されますが、monaco サイドバーで指定しているメニューの数が多すぎる(メインヘッダが4を超えるばあい)ときは、新しいスタイルに合わせて手動で調整する必要があります。

新スキンでは、「おまかせ表示」と「新しい画像」に新しい専用の表示領域・ボタンが用意されていますので、monaco でメニューにこれらを組み込んでいるのであれば、新スキンでは取り除くとよいでしょう。

テーマデザイナ

Ja.anime screenshot themedesigner.png

新機能「テーマデザイナ」

新スキンへの移行と同時に、新しい機能「テーマデザイナ」が導入されます。

monaco では、ウィキのほとんどの部分にカスタマイズを行えるよう設計がなされており、カスタマイズしだいでかなり凝ったデザインにすることができるようになっています。ただ、このカスタマイズはMediaWiki:Monaco.cssを編集することでしか行えず、XHTML/CSS の知識がある程度必要となる少し敷居の高いものでした。

今回新しく導入されるテーマデザイナは、MediaWiki:Common.css や [[MediaWiki:<スキン名>.css]] を編集することなく視覚的にスキンをカスタマイズできるようにするものです。

上の画像をご覧ください。テーマデザイナは、カスタマイズの設定を行う上半分デザインパネルとカスタマイズの結果を確認する下半分のプレビューパネルの二つに分かれています。デザインパネルには、「テーマ」、「カスタマイズ」、「ロゴ」というみっつのタブが用意されており、「テーマ」では Oasis, Sapphire, Bluesteel といった色や背景画像などの基本セットを選択し、「カスタマイズ」で選択した基本セットのうちテキストの色や背景色、背景画像といった各部分を個別に調整し、「ロゴ」でサイトのロゴを設定します。デザインパネルで行われる調整は下のプレビューパネルにリアルタイムで反映され、自分の設定を確認しながら作業を進められるようになっています。

この機能を利用することで、各ウィキの管理者は CSS を直接編集することなくそのサイトにふさわしいカスタマイズを施せます。また、直接 CSS を編集することによるカスタマイズも引き続き利用可能であり、こちらは MediaWiki:wikia.css で行えます。

各ウィキの管理者の方は、それぞれのプロジェクトのSpecial:ThemeDesignerでテーマデザイナを利用できます。また、全ての登録利用者を対象としたテスト場所として専用のウィキも用意されていますので、ぜひお試しください。

MediaWiki:Common.css

新しいスキンでは、MediaWiki:Common.css が使用されなくなり、CSS は全て MediaWiki:Wiki.css と メインスタイルシート(全てのウィキで読み込まれるコアスタイルシート)から読み込まれるようになります。MediaWiki:Common.css にテーブルや infobox などといった CSS カスタマイズを導入しているのであれば、それらは MediaWiki:Wikia.css に転送してください。

移行に関する質問など

移行にあたってのご質問やヘルプ要請などをForum:新スキン移行にあたってのヘルプで取り扱います。移行にあたってどういった作業を行えばいいのかわらない場合などはこちらに遠慮なくどうぞ。


  • ja: この記事は、CC-by-sa でライセンスされたページw:Transition guideの翻訳を含んでいます。
  • en: This post contains the traslation of CC-by-sa licensed page w:Transition guide.

ウィキアの最新情報をメールで受け取るためにも、ぜひブログをウォッチリストに入れてください

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki